ダイビング器材は、通常1度揃えれば買い換える必要はほとんどありません。
品質の確かな物を、定期的に点検整備を受けながら使っていれば、故障など
により使えなくなる事もありませんし、スキー用品の様に毎年流行が変化して
行く事もありません。何より、初心者用、中級者用、上級者用などの区別が、
(一部器材を除き)まったくありませんから、長い目で見て後悔しない物を選ぶ
事が重要です。

器材購入の決断

よく『ダイビングを続けられるかわからないので安い器材を・・・』という方がいますが、どう
思いますか?その方が、ダイビングを続けなかった場合『あ〜安い器材を買って良かった』
と思うでしょうか?『○万も出して買わなきゃ良かった』と思うのではないでしょうか?
では、その方がダイビングを長く続けた場合はどうでしょう?性能や使いごごちに不満が出
て何年か後には、別な器材が欲しくなる、という可能性が高いと思います。
主観的な意見をあえて言わせていただくと、
ヘタな器材を買うくらいならレンタルの方がマシです!
もちろん、レンタルよりマイギアの方が、使いやすく安全性も高く上達も早いでしょう。
でも、『何でもいいからマイギアさえあれば』上記の条件が満たされる訳ではないのです。
よく吟味して『失敗した!』という事にならない様な決断をしましょう。

アフターサービスの重要性

どんなに高性能な器材でも、適切な手入れや定期的な点検(オーバーホール)を
怠れば、故障する可能性が高くなります。ダイビング器材、特に重器材と呼ばれる
レギュレーターやBCDなどの故障は、重大な事故に繋がりかねません。
たとえば近年、電化製品などは非常に安価になり、故障や修理の事を考えるより
「壊れたら買い換えればいい」という事で、信頼性より値段が重視されています。
しかし、ダイビング器材の場合、「壊れたら・・・」がもし、水中で起こったら、取り返し
の付かない事態になってしまいます。
購入価格が安い事は、重要な事でしょうが、長く使う物ですから、アフターサービス
の体制や費用も含め、トータルに見て損をしない購入をお考え下さい。

海外メーカーの器材

日本のメーカーも頑張っていますが、重器材の主流のほとんどは、海外メーカーの
製品です。こうした海外メーカーの製品の多くは、日本に輸入会社(メーカー)があり、
そこからダイビングショップなどの販売店に出荷されています。これに対し、海外から
並行輸入した物を販売している業者(あるいは個人)が存在します。こうした並行輸入
品はアフターサービスが受けられなかったり、非常に高額の費用がかかってしまう事
があります。(メーカーでは修理拒否は出来ない様ですが1,5〜2倍の費用で対応して
いる様です)通常2、3回オーバーホールを受けると総費用が逆転すると思われます。
★たとえば高級外車を、正規ディーラーでない見ず知らずの個人や★
★業者から、いくら安いからと言って、あなたは購入しますか?   ★
『御購入頂いた器材は当方でオーバーホール出来るから安心』とうたっている場合も、
本当に安心か?御自身で確認して下さい。無店舗で並行輸入品を販売している様な業者
(あるいは個人)が数年後にも変わらず存在しているか・・・・(これは御自身でお考え下さい)



器材トップへ

ダイバー広場へ